自主練模様 その22020年05月24日 16:25

 本日も高学年・低学年に分かれそれぞれ60分程度の自主練習を行いました。
60分だけなのでキャッチボール程度の練習しかできませんが、運動不足の子供たちにとっては、十分な運動のようです。

 特に本日は、朝から気温が高く少し動くと汗が出るほどの気温でしたし、マスクをしていると余計に暑さを感じてしまうようです。

 そんな中でも投手は、しっかりと投げ込みを行っていました。特に5年生左腕は、3月の練習休止に入る前は、スピードは70Kに届かなかったしコントロールも安定していなかったのですが、自粛期間中に自主練習でしっかりと投げ込んでいるようで、スピードは70K代中盤は出ていると思いますし、コントロールも安定してきました。
◆成長著しい5年生左腕
5年生左腕1
5年生左腕2
5年生左腕3
5年生左腕4
5年生左腕5


 5年生右腕は、膝を痛めていることもあり投げ込み不足のようで、スピード・コントロールともに3月時点と比較すると少しレベルは落ちているようでしたが、投げ込みをしている内にスピードが出てきて、最後にバッターボックスに父コーチが立って投げたボールは、3月時のスピードが出ていましたし、コントロールも内外角にしっかりと投げられていました。

 自主練習では、中々バッティング練習ができていないようですが、穴あきボールをトスしてもらってうったりトスマシンのスポンジボールを打ったりと遊び感覚で楽しんで練習していました。やはりソフトボールを通じて子供たちが楽しくストレス解消になれば最高ですね。
◆トスマシンでのバッティング練習
トスマシンでのバッティング練習

 3年生左腕は、2月に入部して直ぐに練習が休止になってしまったので、チーム練習は、ほとんど参加できていないのですが、自主練習でキャッチボールは、できるようになっていましたし、ピッチングもやりたいとの申し出があったので、本日は、少しピッチングを教えました。背も高いし手足も長い選手なので投手向きですし、自ら投手をやりたいという気持ちがある子なので今後が楽しみになってきました。その他にも3年生右腕二名もピッチング練習をしていましたが、少しずつブラッシングができるようになってきたので、2年後には、三人が同じレベルのピッチャーになれるように指導していきたいと思います。

 学校も6月から徐々に再開するようなので、緊急事態宣言が解除されればグランドの使用も徐々に再開されてくるとは思いますが、もう少し時間はかかりそうです。チーム練習ができるようになるのがいつになるか予想できませんが、当面は、自主練習で各自ができることを継続しつつ暑さにも慣れていければと思います。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://h-wings.asablo.jp/blog/2020/05/24/9250092/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。