4か月半振りのグランドでの練習2020年06月21日 20:10

 川崎市内では、未だに小学校の施設開放の目途が立たずグランドでのチーム練習ができていませんが、本日は、大和ホワイトガールズさんが厚木市の南毛利グランドが一日確保できたということでお誘いいただき大和ホワイトガールズさん、有馬ドリームズさんと3チームで練習試合をさせていただきました。
◆天気予報に反して晴天の中での練習試合
晴天の中での練習試合

 チーム練習が4か月以上できていない状態ですが、子ども達は、久しぶりにグランドで投手が投げたボールを打ち、打球を処理し、ダイヤモンドを走りと一日楽しくソフトボールをすることができました。

 3チームともチーム練習ができていないので試合になるか不安はありましたが、各チームの投手は、何とかストライクが入り何とか試合になりました。特にウィングスは、バッティング練習が出来ていないのでボールにバットが当たらないのではと心配していましたが、想像以上にバットには当たりました。

 一試合は、大和WGさんとの対戦でした。久しぶりの試合だったので選手たちは、緊張していたみたいで、バッティングが全くダメで、完封負けを喫してしまいました。
◆一試合目
 花の台ウィングス   0 0 0  |0
 大和ホワイトガールズ 1 5 0  |6

 二試合目は、午後から有馬ドリームズさんとの対戦でした。ウィングスは、初回に先頭打者のバントヒットを足掛かりに1点を先行することに成功、その裏の守りでは先発の5年生左腕が三者凡退に切って取る絶好の立ち上がりを見せましたが、2回の裏に先頭打者を四球で出塁させ、その後、盗塁・送りバント・内野ゴロの間に追いつかれてしまいました。3回の攻撃で1点を取り突き放すもその裏5年生左腕をリリーフした5年生右腕の立ち上がりを攻められ逆転をゆるしその後、両チーム無得点で僅差で敗れてしまいました。
◆二試合目
 花の台ウィングス 1 0 1 0 0  |2
 有馬ドリームズ  0 1 2 0 X  |3

◆好投の5年生左腕
5年生左腕
◆久しぶりの捕手(キャプテン)
久しぶりの捕手(キャプテン)

 三試合目は、再度、大和ホワイトガールズさんと対戦しました。ウィングスの5年生右腕を先発で起用し2回を無安打無失点で切り抜けるも3回にリリーフした5年生左腕がストライクが入らずストライクを取りに行ったボールを痛打され大差で敗れてしまいました。ウィングスは、またしても無得点でしたが、この試合サードに起用した3年生が生き生きと動き回り内野ゴロをアウトにするとともに相手の6年生エースの速球を2打席連続でショートへの強いゴロを打つ等、想定以上の活躍を見せてくれました。
◆三試合目
 花の台ウィングス   0 0 0 0  |0
 大和ホワイトガールズ 0 0 2 6  |8

◆やる気満々の3年生(サード)
大活躍の3年生

 本日は、久しぶりの練習試合を子供たちと楽しませてもらいました。ろくに練習をしていないので勝てる訳がないのは、分かっていましたが想像以上に子供たちが頑張ってくれましたし、3年生5人が楽しそうにプレーしていたのが印象的でした。また、左右の5年生投手二人は、毎試合、途中でリリーフさせたので、リリーフした投手が立ち上がりに失点しているケースが多く先発した投手は、まずまずのピッチングだったので、今後、投げ込みを行いスタミナが回復したら一人1試合を完投させたいと思います。

 本日の練習試合は、三連敗でしたが、勝ち負けよりも子供たちと楽しくソフトボールができたことがとてもうれしく思います。特に経験の浅い3年生も試合に出場させソフトボールの楽しさを体験させられたのは、本当に良かったと思います。学校の施設開放は、先が見えない状況ですが、今後も色々なグランドを探しながら練習量を少しずつ増やしていけたらと思います。

 本日は、対戦していただいた2チームに感謝でしすし、特にグランドを確保してお誘いいただいた大和ホワイトガールズさんありがとうございました。
 



悪天候の中での自主練習2020年06月14日 15:32

 昨日、本日と連日で朝から雨が降り公園での自主練習もできず、東名高速の高架下の狭いスペースで参加できる選手だけで2時間程度の自主練習を行いました。

 2週間前に入部した3年生も参加してくれましたし、2月に入部した3年生も含め3年生5人全員が参加でした。今年になってから入部した2人はチーム練習がほとんどできていないのですが、積極的に自主練習に参加してくれているのであまり指導していないにもかかわらず、見よう見まねでキャッチボールができるようになってきました。
◆新入部員
新入部員3年生
3年
◆2月入部選手
2月入部選手

3年

 学校の校庭が使えないので守備練習も思うようにできていませんが、本日は、雨でしたが高架下の土の部分でゴロ捕りの練習を行いました。5・6年生は、問題なくできていますが、3年生もそれなりにできるようになっているので自主練習をしているだけでもボールになれることが重要ですね。
◆ゴロ捕り練習(3年生)
ゴロ捕り練習(3年生)
◆ゴロ捕り練習(3年生)
ゴロ捕り練習(3年生)
ゴロ捕り練習(5年生)
ゴロ捕り練習(5年生)
◆ゴロ捕り練習(5年生)
ゴロ捕り練習(5年生)

 本日の練習は、2時間程度の短い練習でしたが中学生4名も参加していたので中学生投手3名と一緒に5年生投手もピッチング練習をしましたが、中学生のスピードに負けまいと力を込めて投げていたのでスピードも出ていたしコントロールも中学生より安定していたように感じました。

 小学校の施設開放は、現状、先が見えない状態です。チーム練習もできず、当面は、空いているスペースで自主練習をするしかありませんが、短い時間でも有用な練習方法を考えていきたいと思います。特にバッティング練習は3か月以上フリーにボールを打てていません。子供たちにとっては、ボールを打つことの方が楽しいと思うので楽しみながら練習をすることができればと思います。


新入部員あり(コロナ渦の中の部員増)2020年05月31日 13:44

 新型コロナウイルスの影響でチーム練習は、3月からできていませんが、各自自主練習を行っています。選手の母が自主練習に3年生を誘ってくれて、昨日の自主練習に参加していたのですが、本日、正式に入部届を出してくれました。

 3月から部員拡大の募集活動ができていなかったので、この時期に部員が増えるとは思ってもいなかったので、ウィングスにとって、嬉しいニースです。
◆コロナ渦の中の新入部員(3年生)
新入部員(3年)
新入部員(3年)2

 ウィングスの部員は、一人増えて6年生1人、5年生5人、3年生5名の11人となりました。今年は、6年生が1人だけなので、来年度の部員も現時点で10人は確保できましたので、チーム練習が再開されれば、今年の残りの試合に向けて練習をしつつ来年度のチーム作りもできそうです。

 ウィングスの部員は、11人ながら左利きが3名と部員数の割に左利きが多いチームとなっています。来年度は、守備位置の競争が厳しくなりそうなので、チーム内の競争で個々人のレベルアップされればと思います。

 早くチーム練習ができる日が来る日まで各自で自主練習をしながら待ちたいと思います。


6月1日から学校再開2020年05月30日 17:00

 6月1日から学校の分散登校が始まります。
全生徒の一斉登校は15日からの予定ですが、3か月を超える長い休校が明けてようやく学校が再開されることになりました。学校の校庭開放は、いつになるかわかりませんが、とりあえず学校の授業が再開され感染拡大が起こらなければ順次学校の校庭も使えるようになってくると思います。

 学校の授業の再開を前に本日も子供たちが短い時間ですが自主練をしていましたので、様子をみてきました。

 チーム練習ができていませんし、子ども達もキャッチボール程度の練習しかできていないのですが、キャッチボールを続けているのでそれほどレベルが落ちてはいないようです。

 本日の自主練習では、遊び感覚で5年生の捕手候補に5年生投手の投球を受けさせ、セカンド送球の練習をさせてみました。捕ってから投げるまでに時間がかかってしまいますが、昨年秋に入部したばかりの選手なのでこれから練習を続けていけば来年までには、何とかなると思います。
◆5年生捕手候補
5年生捕手候補1
5年生捕手候補2
5年生捕手候補3
5年生捕手候補4
5年生捕手候補5
5年生捕手候補6

 5年生投手二名は、3月からバッターに向かってピッチングをしていないのでどの程度のレベルになっているか分かりませんが、チーム練習をしていない割に二人ともコントロールは、そこそこのように思います。左腕は、2月時とは比べものにならないくらい安定してきました。かなり自主練習で投げ込みを行っていると思います。スピードは、70K代前半ですがコントロールが自粛に入る前より安定しています。右腕は、70K代後半ですが少し伸びが止まっているようですが、練習を見てあげられていないので仕方ありません。
◆5年生左腕
5年生左腕

◆5年生右腕
5年生右腕

 ウィングスの選手たちは、全員元気に過ごしているようです。来週から学校が始まり練習再開も少しずつ近くなってきたと思います。ウィングスは、4年生と1年生がいないので、5年生と3年生のレベルアップは、来年度のチームのレベルアップにつながります。今年は、全国大会・関東大会・東日本大会が中止になってしまったので、6年生(一人)には、悲しいい1年間となってしまいましたが、練習が再開したら中学に向けてしっかりと練習をしていければと思います。




 


自主練模様 その22020年05月24日 16:25

 本日も高学年・低学年に分かれそれぞれ60分程度の自主練習を行いました。
60分だけなのでキャッチボール程度の練習しかできませんが、運動不足の子供たちにとっては、十分な運動のようです。

 特に本日は、朝から気温が高く少し動くと汗が出るほどの気温でしたし、マスクをしていると余計に暑さを感じてしまうようです。

 そんな中でも投手は、しっかりと投げ込みを行っていました。特に5年生左腕は、3月の練習休止に入る前は、スピードは70Kに届かなかったしコントロールも安定していなかったのですが、自粛期間中に自主練習でしっかりと投げ込んでいるようで、スピードは70K代中盤は出ていると思いますし、コントロールも安定してきました。
◆成長著しい5年生左腕
5年生左腕1
5年生左腕2
5年生左腕3
5年生左腕4
5年生左腕5


 5年生右腕は、膝を痛めていることもあり投げ込み不足のようで、スピード・コントロールともに3月時点と比較すると少しレベルは落ちているようでしたが、投げ込みをしている内にスピードが出てきて、最後にバッターボックスに父コーチが立って投げたボールは、3月時のスピードが出ていましたし、コントロールも内外角にしっかりと投げられていました。

 自主練習では、中々バッティング練習ができていないようですが、穴あきボールをトスしてもらってうったりトスマシンのスポンジボールを打ったりと遊び感覚で楽しんで練習していました。やはりソフトボールを通じて子供たちが楽しくストレス解消になれば最高ですね。
◆トスマシンでのバッティング練習
トスマシンでのバッティング練習

 3年生左腕は、2月に入部して直ぐに練習が休止になってしまったので、チーム練習は、ほとんど参加できていないのですが、自主練習でキャッチボールは、できるようになっていましたし、ピッチングもやりたいとの申し出があったので、本日は、少しピッチングを教えました。背も高いし手足も長い選手なので投手向きですし、自ら投手をやりたいという気持ちがある子なので今後が楽しみになってきました。その他にも3年生右腕二名もピッチング練習をしていましたが、少しずつブラッシングができるようになってきたので、2年後には、三人が同じレベルのピッチャーになれるように指導していきたいと思います。

 学校も6月から徐々に再開するようなので、緊急事態宣言が解除されればグランドの使用も徐々に再開されてくるとは思いますが、もう少し時間はかかりそうです。チーム練習ができるようになるのがいつになるか予想できませんが、当面は、自主練習で各自ができることを継続しつつ暑さにも慣れていければと思います。


自主練模様2020年05月17日 13:44

 新型コロナウイルスの影響での緊急事態宣言が延長となりチーム練習の再開は、先が見えませんが、子ども達は、各自で自主練習を行っているところです。

 本日は、公園で少人数に時間を分けて自主練習をするとのことでチーム練習が休止になってから2か月半、子ども達と最後にあったのが、4月頭だったので1月半振りに再開してきました。

 二人の5年生投手は、少なからず自主練習でピッチング練習はしているようで久しぶりに見ましたが、3月の時よりスピードは増していたように感じました。
特に左腕は、スピード・コントロールとも良くなりスピードで先行していた右腕に追いついてきました。それなりにピッチング練習をしている様子がうかがえたので良かったです。一方、右腕は、スピードはそれほど速くなっていませんが、ブラッシングが安定してました。膝を痛めていて上半身先行の投げ方になているのが少し気がかりでしたが、左腕のレベルアップにつられて良くなってくるでしょう。
◆5年生左腕
5年生左腕

 その他の野手は、みんな少し見ないうちに体が大きくなったようでキャッチボールのスピードも速くなり力が付いてきたように感じました。この時期は、それほど練習しなくても体が成長するので、日々、キャッチボールをするだけで成長することが伺えました。
◆キャッチボールの様子
キャッチボール

 公園での練習だったので、流石にボールを打つことはできないので、練習用の軽いボールを打っていましたが、これまでバットが重そうだった3年生もブレないでバットを振れるようになってきたのでブラスチックのボールですが外野まで飛ばせるようになって来ていたのは、ビックリしました。

 一人ひとりは、日々できることをしているようなので成長しているのが確認できて良かったです。一日も早くチーム練習が再開できることを願うばかりです。


先が見えない新型コロナウィルス影響2020年04月26日 11:48

 政府からの発令の緊急事態宣言は、とりあえず5月6日までですが、現状では、先行きが見えない状況です。

 3月からウィングスの練習は、中止となり既に2か月が経とうとしています。気候も暖冬とはいえ寒かった3月からGWを前に気温も高くなり外は、すっかりスポーツに最適の陽気となってきました。例年、この時期は、自宅マンションのツツジが満開で何となく楽しくなる時期ですが、今年は、自宅待機が続き何となく外の陽気がうらやましく思えます。
◆ツツジは満開
アップ
5月

 今年の各種の全国大会の中止が発表となり中体連やインターハイも中止が検討されているようです。小学生・中学生・高校生の最終学年にとっては、最後の大会と思いこれまでの練習の集大成と捉えていた選手たちも多いと思うので、とても残念です。

 早く日常生活を取り戻し、子ども達と一緒に練習ができる日を迎えられるように今は、我慢の毎日です。

 子供たちは、自宅でできる自主練をしてくれていると思います。チーム練習をするときには、きっと自主練で何かを得てくれてると思います。

 


まだ続く 新コロナウィルスの影響2020年04月04日 14:11

 3月の時点では、4月からグランドが使用できる予定でしたが、新コロナウィルスの感染拡大が続き川崎市の小学校は、とりあえず4月17日まで休みとなりました。

 この影響で小学校のグランドも当面使用禁止が延長することになりウィングスの練習再開の目途が立っていません。また、昨日、県連盟の理事会があり参加してきましたが、総会も集合形式はとらず資料配布で実施することになりました。

 今年度の大会の予定は立てているものの現状の状態が続くようであれば大会の開催自体ができなくなりそうです。全国・関東・東日本大会が8月に集中しているのですが、その前の県予選は、6月に計画されていますがそれまでの終息は、現状では、まったく見えないので県予選すらできないかもしれません。

 今年の6年生は、各種大会の中止によりほとんど試合ができないかもしれませんね。世界で新型コロナウィルスと戦っている現状を踏まえれば仕方ありません。早く、子ども達が元気にグランドでソフトボールができる日が来ることを願うばかりですね。

 今は、子ども達の健康を守りソフトボールができる日に全員が元気で集まれるように感染予防に努めていきたいと思います。


新コロナウィルス影響2020年03月20日 13:16

 新コロナウィルスの影響で小学校は3月一杯使用禁止であり、子ども達も春休み終了まで学校が休みという状態です。

 子供たちは、毎日、家にいるので暇を持て余しているようで、公園で自主練習を兼ねた遊びをして時間を過ごしているようです。子供たちだけだと自主練習といってもキャッチボールをする程度で、いつの間にか遊びになっているようです。

 小学生に家でじっとしていろと言っても無理なので、適度な運動をするのことは、問題ないようなので少し体を動かした方が睡眠もとれるので毎日、キャッチボールぐらいしていればいいのかなと思います。

 ウィングスでは、休みの間は、あくまでも自主練なので各自に目標等は、与えていません。ノルマを課すと自主練ではなく集合しないだけでチーム練習を変わらなくなってしまいます。各家庭の考え方でできる範囲の練習をしてくれたらうれしいですね。

 この三連休も練習は、休みですが自主練習をするとのことで、私も付き合いましたが、最初は、ドッチボールをして遊んでいましたが、キャッチボールを見てびっくりしたのは、休みになる直前に入部した2年生が練習をほとんどしていないのにキャッチボールができるようになっていたこととボールを怖がって逃げてボールを捕球できなかった2年生もキャッチボールができるようになっていました。毎日、やることで着実に成長しているので練習をすれば成果が出ることを子供たちは、実感しているようです。

 3月一杯は、チーム練習はできないので、その間に自主練習で少しでも成長してくれたらと思います。


県大会翌日練習2020年02月24日 15:20

 昨日の県大会予選リーグは、1勝1敗で予選リーグ敗退が決定し、本日の練習での子供たちのモチベーションはどうかと思っていたのですが、予想以上に子供たちのモチベーションが高く、午後からピアノの発表会がある選手も10時までということで練習に参加してくれました。

 これまで低学年が多いチームで勝つことが中々できないチーム状態での県大会出場だったので、子ども達とは、何とか1勝はしたいね、という話をして大会に臨みました。

 勝利するなら初戦と子供たちも思いは同じで、試合前の緊張感とモチベーションが向上した中で行った試合で勝利できたことは、選手の更なるモチベーション向上になったようです。

 本日の練習では、子ども達は、すでに次に向けて気持ちを切り替え練習に参加してきました。ピアノの発表会前に練習に参加した4年生左腕投手は、昨日、登板機会がなかったのですが、サードの守備で活躍してくれたので、本日は、短い時間でしたが、ピッチングを指導しました。キャッチボール後、歩き投げ、長い距離でのピッチング、捕手が立っての投球、捕手が座っての投球を行い、最後は、手投げにならないように意識して体全体を使って全力で50球をコーナーに投げ込み練習を終了しましたが、モチベーションが高く、短い時間でも投げ込んでいくうちにスピードが上がり、コントロールも安定してきました。終了後、本人も投げていてスピードが出てきたのを実感したようでステップも半足分前に出れるようになったと言っていました。

 全体練習のシートノックでは、全員を内野に入れて行いましたが、2年生の動きが良くなってきました。また、ショートの4年生もここ数週間で、内野手らしい動きになってきたようです。

 最後は、バッティング練習で終了しましたが、2台のマシンのスピードを70K超の速めのボールと65K程度の遅めのボールに設定し双方のマシンのボールを打たせました。これまで、速いボールには、対応できなかった4年生も徐々に打てるようになってきました。また、2年生は、バントをしている内に遅い方のマシンのボールは打てるようになってきたので、今後、徐々に速いボールにも対応できると思います。

 昨日の大和WG戦では、不調だった4年生右腕は、昨日は、少し緊張していたようですが、本日の練習では、コントロールが安定し、ボールの伸びも昨日とは、違っていました。最後にシートバッティングに投げさせましたが、ウィングスの選手たちは、ヒット性の当たりは、打てませんでした。

 やはり4年以下の経験が少ない選手が多いので、一つずつ経験を積ませて成長くれればと思います。