夏季県大会(全国・関東大会予選)準決勝進出!!2018年06月03日 19:29

 本日は、梅雨入りを目前にして朝から好天に恵まれる中、夏季県大会兼全国大会・関東大会予選が横須賀市の神明公園で行われ、ウィングスは、来週10日(日)の準決勝に進出することが決まりました。
◆開会式(13チーム参加)
開会式

 ウィングスは、春季県大会で準優勝しているため第2シードで一回戦は免除されているので、初戦が準々決勝となりました。朝7時過ぎに会場入りしていますが、試合は、第4試合の14:00からということで待ち時間が多く時間の使い方が難しい初戦となりました。

 対戦相手は、初戦を23対0の大差で厚木クラブを破り勝ち上がってきた大和ホワイトガールズさんとの対戦となりました。大和WGさんは、5年生が中心のチームですが、4月の頭に対戦した時は、大差で勝利したもののその後対戦するたびに点差を縮められ、投手もここ1月でかなりのスピードアップとコントロールの精度も上がり、力はほぼ同じというチームです。

 試合展開は、3回にエラー絡みで1点を先行される展開でしたが、4回の攻撃では、2アウトランナー1塁の場面で、盗塁をさせたところ相手チーム捕手のセカンド送球がそれて外野を転々とする間にランナーが一挙ホームを陥れ同点となるもその後、両チームの打線に決定打が出ずに1回限定でのタイブレーカーに突入しました。

 両チームとも同様の攻撃だったことから両チームともタイブレーカーの打順の巡りあわせは、下位打線で得点できずに1対1のまま試合は終了し、勝ち上がりチームを決めるため9名による抽選を行い、ウィングスが勝利し準決勝に進出することになりました。

◆準々決勝
 大和ホワイトガールズ 0 0 1 0 0 0 0  |1
 花の台ウィングス   0 0 0 1 0 0 0  |1
 ※9選手による抽選により花の台Wの抽選勝ち(勝ち上がり決定)

 本日は、朝早くから集合し現地入りしているものの待ち時間が長く準備時間の過ごし方も難しかったですし、投手の調整も難しかったのですが、子供たちにあまり緊張感を待たせることなく、リラックスした状態で試合に入ることを意識しました。また、投手もある程度投球練習をさせましたが、本人の意思を尊重し試合前の練習を行いました。結果としては、投手は、大和WG打線を相手にヒット2本、三振11、四死球0で7回を投げて63球とストライク先行の省エネ投球でした。後半ボール先行する場面もありましたが、四球は出さなかったので重要な大一番で安定したピッチングで期待に応えてくれました。一方、打線は、貧打で内野安打1本を含む4本だけで単発のため追加点を上げることが出来ませんでした。
集合写真

 来週の日曜日に準決勝・決勝が行われます。準決勝の対戦相手は、横浜キッズさんで、春季県大会も決勝リーグで対戦し投手戦を繰り広げ、後半に逆転し勝利していますが6年生が多く投打にバランスのとれたチームです。
◆準決勝進出
準決勝進出

 来週は、勝っても負けても2試合行います。出来るものなら決勝に進出したいですが、ここまで来たら一戦必勝でまずは、準決勝に集中し土曜日の練習で本日の試合の反省を基に準備を行い試合に臨みたいと思います。

 来週もみなさんの応援方よろしくお願いします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://h-wings.asablo.jp/blog/2018/06/03/8866815/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。